日本のバイクといえば、ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキと4大メーカーがあり、それぞれ特徴があります。

日本メーカーのバイクの特徴

日本のバイクといえば、ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキと4大メーカーがありますね。

それぞれのバイクの特徴はどの様なものがあるでしょうか?

中古バイクの情報はバイク王のサイトなどでチェックするといいですね。

ホンダのバイクは、ヤマハと張る人気バイク。

質感もよく、デザインは洗練されており、作り込みも丁寧でバツグン。

操縦が一定しているので初心者でも乗りやすく、ストレスが少ないということでも定評があります。

乗りやすさや乗り心地だけではなく、燃費や利便性も良いというバランスの良いバイクです。

電装系が弱いと言われてた時期もありましたが、今はその様な心配もありません。

ヤマハのバイクは、スタイリッシュなデザインで人気です。

ホンダに劣らない質感は外観だけではなく、エンジンなどの内側においてもしっかりこだわりの高品質となっています。

ヤマハならではの4気筒エンジンなど最新技術が取り入れられているバイクがあるのも特徴です。

趣味でバイクに乗るという人に向けて作られているバイクが多く、「楽しめるバイク」となっています。

スズキのバイクは、ホンダやヤマハとの区別をつけるためにスロットルを軽くするなど、スペックの部分で勝負しているのが特徴です。

価格などもリーズナブルなバイクが揃っています。

カワサキのバイクは、他メーカーとは違った独自路線をいっているメーカーです。

ライダーのニーズを理解した展開をするのが特徴ですが、近年では先進的なモデルもリリースしています。